ご挨拶


今年もいよいよ「ええじゃないか豊橋まつり」が始まります。
「すべての市民が共有できるまつりを」との思いから、昭和29年に市民主体のお祭りとして誕生した豊橋まつりは、今年で63回目を迎え、豊橋の秋を彩るお祭りとして年々その勢いを増しております。
これもひとえに、市民の皆さま並びに関係各位の格別なるご協力とご支援によるものと厚く御礼申し上げます。
今年の「ええじゃないか豊橋まつり」は、エリア拡大で過去最大の規模となる「総おどり」をはじめ、今年60周年を迎える「子ども造形パラダイス」、個性光るコスチュームでまちなかを彩る「ええじゃないか豊橋パレカ」、まちなかがおまつり顔で埋まる「まちじゅうええじゃないか」など、盛りだくさんの内容となっています。
更に今年は、まつりのコンセプトでもある「ええじゃないか」の発祥から150年の節目を迎えることから、まつりの期間中に「ええじゃないか宣言」を行い、豊橋で生まれた「ええじゃないか」の魂を全国に向けて力強く発信してまいります。どうぞこの二日間、ご家族やご友人と一緒に、他では味わうことのできないかけがえのない時(とき)を存分にお楽しみください。
そして、まつりを通して新たな出会いや感動が生まれ、人と人との絆が深まり、明日への活力を養っていただけたら幸いです。
多くの皆様方のご来場を心よりお待ち申し上げます。




幕末に吉田(豊橋)から全国に伝播した「ええじゃないか」。豊橋まつりは、この「ええじゃないか」をコンセプトにしています。
平成の「ええじゃないか」は、何でも受け入れる寛容な心、人の良い所を見つける優しい心、豊橋特有のおもてなしの心。
そして、瞬く間に全国に伝播する弾けるような楽しさを言います。
「ええじゃないか豊橋まつり」を通して、豊橋の「ええじゃないか」を全国に向けて発信していきます。